WiMAXの速度制限は契約期間中でも随時変更される

モバイルwifiルーターを利用していると、月間通信容量制限に悩まされることは珍しいことではありません。WiMAXならぱ月間通信容量無制限プランがあるからという理由だけで契約すると失敗しかねないと知っておく必要があります。

WiMAXの速度制限は2種類ある

まず初めに、本記事は下記のWEBサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

WiMAXには月間通信容量7GBの通常プランと、月間通信容量無制限のギガ放題プランがあります。通常プランを選んだ時の通信制限は、7GBを超えた時点で128kbpsというISDN回戦並みの速度となってしまい、実用性とは程遠くなってしまいがちです。

ギガ放題プランとの料金差が数百円程度ならば、迷わずギガ放題プランが望ましいです。一方、緩めの速度制限として直近3日間で10GB以上の通信を行った場合に、翌日18時~翌々日2時迄の夜間のみ約1Mbps制限を行うものがあります。ギガ放題プランを使っていても引っ掛かるので、遅いと感じた時には通信容量を確認すると良いです。

WiMAXの速度制限を受けても影響が無い使い方をしよう

ギガ放題プランを使っていて速度制限を受けるのは、翌日18時~翌々日2時迄ですから昼間使う分には特に速度制限を受けません。普段インターネット接続をしていて、1Mbps以上の速度が無ければ厳しいと考えられる使い方を夜間にしなければ良いだけです。

電波資源は有限ですから、有効活用を行うために通信量が特に多い人限定で速度制限を掛けています。速度制限を受けた時点で一度使い方を見直すと良いです。

利用規約は時々変更されるので常にチェックすると良い

通信速度制限は、WiMAX契約時だけでなく2年または3年間の契約期間中に随時条件変更が行われます。かつては速度制限は約6Mbps程度と緩かったわけですが、終日行われてしまいました。

現在は混雑時のみ通信量が特に多いユーザー限定で行われているので、利用規約の変更には常に目を光らせておく必要があります。

まとめ

WiMAXの速度制限は、利用規約が変更されれば契約期間中であっても速度制限条件は変わります。無線通信資源は有限だからこそ、公平性の名のもとで随時変更が行われているので、利用時間や通信容量を計算して賢く使う必要があります。

<参考サイト>
WiMAXプロバイダ7社を完全比較!ポケモバ

タイトルとURLをコピーしました